一品香について

一品香が創る横濱の麺文化 – 「たんめん」を知る –

「湯麺」と書いて「たんめん」と読む!?

中国では骨や肉を煮詰めて作ったダシ汁のことを「湯(タン)」と言います。
従って、本来はスープ入りの麺料理はすべて「タンメン」ということになりますが、日本では、炒めた野菜に塩味のスープを加えた麺料理に限って「たんめん」と呼ぶことがほとんどです。

一品香の看板メニュー 絶品タンメン

一品香は「元祖・横濱たんめん」の店!

戦後満州から引き揚げてきた料理人が現地の家庭料理の味を再現したのが、日本でのたんめんの始まりと言われています。その後、たんめんは横浜の特徴的な麺文化のひとつとなりました。

横濱一品香は、昭和30年、当時横浜の中心的繁華街であった野毛にて、わずか3坪、カウンター9席の小さなお店でスタートしました。
以後、創業の精神である、「一品一品に真心を込めて最高の味に徹しよう」の下、改良を重ねながら独自のうまさのある「絶品たんめん」と中国家庭料理を60年以上にわたり、作り続けています。

懐かしくて新しい「たんめん」の世界

一品香では伝統の味を守り続けると共に、新しい麺料理の創造にも力を入れています。春夏秋冬各シーズンの限定メニューでは新作麺料理も販売しています。

平成14年には、横浜駅西口の相鉄ジョイナスにて、「絶品たんめん」を核とする麺専門店「タンメンワールド横濱一品香」をオープン。さらに、たんめん専門店第2弾として、平成19年にはららぽーと横浜に「横濱一品香-湯麺小館-」をオープン。 多くのお客様にたんめんの世界をお楽しみいただいています。

店舗の紹介

相鉄ジョイナス店

【住所】横浜市西区南幸1-5 相鉄ジョイナスB2階

【電話】045-311-0608

【定休日】駐車場サービス券(ジョイナス・ダイヤモンド)あり









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る